Amazonプライムビデオ、Hulu、Netflixなどの映画を紹介中

My odyssey -映画やマンガなどおすすめエンタメ情報を掲載!

iMac Retina 5Kディスプレイモデル

Mac

すごく欲しいAppleの新型iMac Retina 5Kディスプレイモデル

投稿日:2015-10-15 更新日:

iMac Retina 5Kディスプレイモデル

出ましたね。iMac Retina 5Kディスプレイモデルが。

iMac Retina 5Kディスプレイモデル

Appleのサイトで昨日くらいから見れるようになったようですね。今週のあたまにこれじゃないiMacを購入した人は今どんな気分なんでしょう。御愁傷様です。

僕は次に買うMacはMacBook Proにしようと考えているので、iMacは買うつもりは「今のところ」ありません。僕がいま使っているのは2011年に発売された27インチモデルなので、最新のiMacに買い換えれば性能の差を感じ取ることができると思っています。5Kのディスプレイはこれまでにない開放的な作業環境を得られるのでしょう。

Retinaディスプレイ

ディスプレイの中に、ビジョン見えてきます。

正確さ。鮮やかさ。クリアさ。ディスプレイの品質をどの尺度から測っても、Retinaは別格です。ピクセル密度があまりに高いため、使っている時にあなたにはピクセルが一つも見えないでしょう。文字はとてもシャープに映し出されるので、Eメールも書類も、まるで印刷物を読んでいるように感じられるはずです。このRetinaディスプレイは、一段と広くなった新しい色域を持ち、これまでよりも25パーセント多い色を再現できます。そのため、写真やビデオはこれまで以上に現実の世界に近いものになります。

色の再現がすごくなったようですね。これは僕のようなごくごく普通の目を持つ人間にも実感できるのでしょうか。5Kという作業環境はとにかく魅力的ですけどね。

 

デザイン

先端まで、最先端の革新を。

RetinaディスプレイをiMacファミリーに組み込むには、とてつもない量の技術を結集させる必要がありました。エッジがたった5mmという薄さなのに、あなたの周りの世界が遠くへ消えてしまったように感じる体験を作れる。だからこそ、あなたとあなたが楽しむコンテンツとの間に、邪魔なものが一切入らなくなるのです。継ぎ目のない美しいデザインのiMac Retinaディスプレイモデルは、あなたのワークスペースに気品を与えます。デザインの高みとテクノロジーの深さを融合させた一台として。

iMacに心配というか不安というか、そこまでこだわらなくてもいいんじゃないのと思うのが「薄さ」です。継ぎ目のない美しいデザインは魅力的ではありますが、あまり薄さにこだわりすぎると、必要なものまで排除してしまわないかと少し心配になってしまいます。Appleの製品はここ数年でDVDドライブも排除してしまいましたし、今後はまた別の何かを排除するかもしれません。

追従するように最近のWindows PCもDVDがついていないモデルが増えましたよね。これって別で外付けのDVDドライブを買う必要があるのでどうなのかなって思っています。もしかしたら僕が新しくMacBook Proを購入する日が来た時に「ああ前はあんなことを言っていたけれど、確かになくても大した問題ではないな」と思うのかもしれませんが。

Fusion Drive

飛ぶように速く、飛びきり賢いストレージ。

ストレージと言えば容量を意味しますが、速さと性能も忘れてはいけません。その両方を手にできるのが、Fusion Driveです。この革新的なストレージテクノロジーは、高速なフラッシュストレージを大容量のハードドライブと賢く組み合わせます。そしてあなたが頻繁に使うアプリケーション、書類、写真はより高速なフラッシュストレージに置いておき、それほど頻繁に使わないものはハードドライブに移動しておきます。しかもシステムがあなたの作業のスタイルを学習していくので、次第にアプリケーションの起動やファイルへのアクセスがさらに速くなっていくのがわかるでしょう。Fusion Driveは最大3TBまでのストレージで構成できますが、究極の性能を求める方のために、一世代前のものより最大2.5倍高速になったオールフラッシュのオプションも用意しました。

僕が普段使っているほとんどのPCが通常のハードディスクなので、SSD搭載のマシンを使うとその速さに驚かされます。おそらくiMacにしてもMacBook Proにしても、次に買い換えた時はその速さに驚かされるはずです。通常のハードディスクよりも寿命が気になりますが、一般的な使い方で使用する場合はMacの耐用年数の方が早く過ぎてしまうという記事をネットで見つけました。

僕は一般的な使い方よりも少し使用している時間は長いと思いますが、あまり心配する必要はなさそうです。心配ですが。

パフォーマンス速さと、それ以外のすべてのために。

これまでより速く、パワフルになった27インチiMacは、第6世代のIntel Coreプロセッサと、最新の高性能AMDグラフィックスを搭載しています。21.5インチiMacに積んだのは、第5世代のIntel Coreプロセッサと、進化したIntel Iris Pro Graphicsです。どちらも、最高のインパクトを持つ表現力豊かなビジュアルエフェクトを、最大限のスピードで再現できます。

僕は時々動画の編集なども行うため、マシンの性能は結構気になるところです。編集した動画の書き出し作業などもこのiMacなら相当早いんでしょうね。

ちなみに、この新型iMac Retina 5Kディスプレイモデルを意欲的なスペックに変更して購入しようとした場合、40万円ほどかかるようです・・・。

新型iMac Retina 5Kディスプレイモデル

かっ飛ぶような速さを味わうことができそうですが、持ち運べないPCに40万円はちょっと出せないかな。

凄まじく魅力的ですけどね。

Apple製アクセサリ

新設計。充電式。驚異的。

まったく新しいMagic KeyboardMagic Mouse 2Magic Trackpad 2の登場です。
すべてが完全に生まれ変わり、あらゆる操作を驚くほど優れた体験にします。内蔵した充電式バッテリーから、より低いアングルになった新しいフォルムまで。これまで以上に快適に使えて、これまで以上に多彩な機能を持てるよう、全面的に強化されました。
iMacとペアリングすれば、魔法のように連係します。

新型iMacはただ性能が向上しただけですが、今回同時に発表になった新しいMagic KeyboardMagic Mouse 2Magic Trackpad 2はそれぞれこれまでとは違った新しい機能を備えているようです。特にMagic Trackpadは感圧タッチテクノロジーが搭載されて、より操作の幅が広がりそうな印象です。

このひとつ前のモデルを持っていたのですが、使いこなせるようになる前に使わなくなってしまったので、使っているところを見ると欲しくなってしまいますが、そもそも使わない可能性のほうが高いため、気にはなりますがたぶん買わないでしょう。新しいMagic Mouse 2も非常に気になりますが、たかがマウスに9,800円も出すのは・・・ね。

 

Mac本体に手が出せない悔しさから、これらのアクセサリに手を出してしまう可能性はゼロではありません。無駄遣いしないように心を整えて日々を過ごしたいと思います。







おすすめ記事

Amazonプライム 1

アマゾンプライムというサービスをご存知でしょうか? インターネット通販を利用している方であればAmazon.co.jpを知らない人はいないと思います。 そのアマゾンが提供している年会費3,900円のプ ...

Amazonプライム 2

久しぶりにAmazonプライムビデオを徘徊していたら、お気に入りの映画が幾つか配信されていて懐かしい気分になったので、僕が好きでよく観ているおすすめ映画を書いてみたいと思います。 動画配信サイトは契約 ...

hulu 3

僕は2017年2月現在、NetflixとAmazonプライム会員に登録していて、暇なときに色々な映画や動画を楽しんでいます。 以前はhuluに入会するなど、現在主流のネットの動画配信サービスはそれなり ...

-Mac

Copyright© My odyssey -映画やマンガなどおすすめエンタメ情報を掲載! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.