Amazonプライムビデオ、Hulu、Netflixなどの映画を紹介中

My odyssey -映画やマンガなどおすすめエンタメ情報を掲載!

日記

自転車で車道や歩道の右側を堂々と走る人たち

投稿日:2015-10-09 更新日:

最近雨の日に傘をさして自転車に乗る人が減ってきたような気がします。

道路交通法の改正で、自転車に対する取り締まりが強化されてきたからなのかもしれませんが、雨合羽を着て自転車に乗っている人をよく目にするようになってきました。僕は数年前くらいまで自転車が結構好きでして、クロスバイクに乗ったりロードバイクに乗ったりしていたんですが、ここ最近は徒歩通勤になったこともありめっきり自転車に乗らなくなってしまいました。したがって、雨が降ろうが雪が降ろうが基本は徒歩で通勤していますし、遠出の際は車を使いますので、自転車の使用頻度はかなり低いのが現状です。

そんなわけで普段から道を歩くことのほうが多い毎日なのですが、雨の日の傘さし運転は減ったものの、車道や歩道の右側を走る自転車はまだまだいるなあというのが僕の印象です。たぶん効率的に目的地に向かうための最短ルートということで、わざわざ左に渡ってから走るという決められたルールを端折っているのでしょうが、自転車で車道や歩道の右側を疾走している人を見るにつけ残念な気分になります。

僕がまだ自転車によく乗っていたころは、車道の右側を走ってくる自転車と「どちらが避けるか」の我慢比べをよくしていました。常識的に考えて、僕のほうが定められたルールを守って車道の左側を走っているのだから、避けるのは当然右側通行で走ってくる相手の自転車のはずなんですが、ほとんどすべてと言ってもいいくらいの割合で相手は避けてくれません。いちど何が何でも僕は避けないぞ!という気持ちと表情で相手と対峙しましたが、その時は最終的にお互いがブレーキを踏んで向き合って停止するという引き分けに終わりました。

いまでも狭い歩道を右側通行で走ってくる自転車がいると、わざと邪魔をしたりするのですが、あからさまに「なんだこいつは」という顔をされます。おそらく自覚がないんでしょうね。僕だって常日頃どんな時でも車道の左側を走るとは限りませんが、そういう時は「どうもスイマセン」みたいな気持ちを心の中に感じながら走るのですが、堂々と右側を走る自転車乗りの方々は自身がルール違反をしているという自覚がまったくないか、開き直っているかのどちらかなのでしょう。

こんなことに神経をすり減らしても意味がないので、あまりあれこれ考えずにスルーする日々ではありますが、雨の日の傘さし運転が減ったことですし、次は右側通行はいけないんだということが広く知れ渡ることを願っています。

たまには自転車乗ろうかな。







おすすめ記事

Amazonプライム 1

アマゾンプライムというサービスをご存知でしょうか? インターネット通販を利用している方であればAmazon.co.jpを知らない人はいないと思います。 そのアマゾンが提供している年会費3,900円のプ ...

Amazonプライム 2

久しぶりにAmazonプライムビデオを徘徊していたら、お気に入りの映画が幾つか配信されていて懐かしい気分になったので、僕が好きでよく観ているおすすめ映画を書いてみたいと思います。 動画配信サイトは契約 ...

hulu 3

僕は2017年2月現在、NetflixとAmazonプライム会員に登録していて、暇なときに色々な映画や動画を楽しんでいます。 以前はhuluに入会するなど、現在主流のネットの動画配信サービスはそれなり ...

-日記

Copyright© My odyssey -映画やマンガなどおすすめエンタメ情報を掲載! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.