Amazonプライムビデオ、Hulu、Netflixなどの映画を紹介中

My odyssey -映画やマンガなどおすすめエンタメ情報を掲載!

旅行 日記

東京湾フェリーで行く房総半島の旅 鋸山登山編

投稿日:

nokogiri mountain

千葉県に鋸山という山があります。

TopGearというイギリスのテレビ番組で、日本国内でのロケが行われました。日産スカイラインGTRと新幹線はどっちが速いのか?というテーマで、石川県から千葉県の鋸山まで車と新幹線で競争するという内容でした。有志の方がつけた字幕とともにYoutubeやニコニコ動画などにアップロードされて話題になり、そのときに鋸山の存在を知り、暇ができたら行きたいなと思っていました。

以前に購入した青春18きっぷの有効期限が9月10日までなので、きっぷの有効期限最終日に千葉県の鋸山まで行くことにしました。

朝の5時に家を出発し、東急東横線で横浜を経由して横須賀線で久里浜へ向かいます。JR久里浜駅からバスで数分走った先に、東京湾フェリーの乗り場があり、そこからフェリーに乗って千葉県の金谷港へ向かいます。

Kurihama port

朝から快晴で、太陽の光が海面に反射してキラキラしています。

Tokyo Bay ferry

平日の早朝なのに、高齢者の方々が大勢乗っていました。どうやらゴルフが目的で乗船してきている方が多いようです。結構な数のゴルフバッグです。

Tokyo Bay ferry Tokyo Bay ferry
船内の座席でゆっくり座っていても良かったんですが、久しぶりの船ということで、船内をウロウロしたりデッキから久里浜方面や金谷方面などを眺めたりしていたら、あっという間に3、40分が過ぎて金谷港に到着してしまいました。

Kanaya port

今回は行きは登山道を歩いて、帰りはロープウェイで下山すると決めていたので、金谷港からJR浜金谷駅方面に向かい登山道を目指します。登
山道の案内図やパンフレットなどの事前準備が無かったので、山の方に歩いていれば何かしらの道はあるだろうと適当に歩いていたら、観光案内所あたりで突然
おばちゃんに話しかけられました。

どうやらこのおばちゃんは観光案内所の方らしく、まだ朝の8時で営業開始していないのにわざわざ地図を持ってきてくれました。白い紙に赤ペンで書いたかのような手書き風の地図でした。

「登山道はそこの肉屋を左に曲がった先の車力道(しゃりきどう)から行くといいよ」

ということで、他のコースを知らない私は選択の余地も無く、おばちゃんお勧めの車力道で鋸山を登ることになりました。

nokogiri mountain

アスファルトで舗装された坂道を歩きながら「もしかして車が通れる道だから車力道という名前なのかな?」などと考えながら先を進みます。道の脇にカニがうようよいて驚きました。

nokogiri mountain

前方にそびえたつ岩山。オラなんかわくわくしてきたぞ!

nokogiri mountain

どうやらここまでの道は車力道ではなかったようですね。この看板を見て、登山道が綺麗に舗装されているわけないよなと改めさせられました。さてここから2キロくらい登山道が続くようです。

2キロの距離なら大したことないか・・・と思っていた時期がありました。

nokogiri mountain

そこそこ傾斜のある殆ど整備されていない道をひたすら登っては下りを繰り返して進んでいきます。人の気配のしない山道をひたすら歩くのは孤独感を味わうにはうってつけです。「一人でいることが好き」なんていう人は、是非平日に鋸山を登ってみるといいと思います。

nokogiri mountain

写真ではなかなか伝わらないと思いますが(私の撮影技術がいちばんの原因)なかなかのスケールです。当時どのようにして石を切り出していたんでしょうか。

nokogiri mountain

何なんですかこれ。テトリスのブロックを持ってきてはめ込みたくなります。

さらに進むと開けた場所に到着しました。どうやら石切場跡のようです。ここには当時使っていた機械などが放置?されていて廃墟的な雰囲気が漂っています。空は快晴だったはずなのに、ここは何だか薄気味悪かったです。

nokogiri mountain

休憩所でしょうか。写真下の付近はベンチも壊れて荒廃しています。

nokogiri mountain

ここの石材は横浜港高島桟橋、横浜市港の見える丘公園、靖国神社、早稲田大学大隈講堂などの石塀に残っているそうです。

nokogiri mountain

安全第一。

nokogiri mountain

・・・返事がない。ただの屍の・・・いや、ショベルカーのようです。

nokogiri mountain nokogiri mountain

当時、切り出した石を運ぶ為に使われていた機械なども放置されています。程よい廃墟な雰囲気がたまりません。さすがに田舎のヤンキーも登山してまで落書きしにはこないようですね。

nokogiri mountain nokogiri mountain
昭和56年・・・。時代を感じますね。

この石切場跡はとても重苦しい雰囲気の場所ですが、とにかく綺麗に整備して沢山の人に来てもらおうという観光地特有の過剰さが無い分、時間と共に荒廃していっている感じが出ていて見ごたえ十分です。

さて、日本寺の入口まであと少しです。私の歩いてきた車力道を説明している看板が立っていました。新道案内というのは車力道のことです。

nokogiri mountain nokogiri mountain
看板の説明によれば、かつてここで働いていた人たちが利用していたいわば通勤コースなんだとか・・・。今回歩いてきて、だいぶ疲れるから暫くの間はご遠慮願いたいと思っていた車力道が通勤コースだったことに驚きを隠せません。

nokogiri mountain

そんなこんなで、ようやく日本寺北口管理所に到着です。

次回は日本寺内編です。







おすすめ記事

Amazonプライム 1

アマゾンプライムというサービスをご存知でしょうか? インターネット通販を利用している方であればAmazon.co.jpを知らない人はいないと思います。 そのアマゾンが提供している年会費3,900円のプ ...

Amazonプライム 2

久しぶりにAmazonプライムビデオを徘徊していたら、お気に入りの映画が幾つか配信されていて懐かしい気分になったので、僕が好きでよく観ているおすすめ映画を書いてみたいと思います。 動画配信サイトは契約 ...

hulu 3

僕は2017年2月現在、NetflixとAmazonプライム会員に登録していて、暇なときに色々な映画や動画を楽しんでいます。 以前はhuluに入会するなど、現在主流のネットの動画配信サービスはそれなり ...

-旅行, 日記
-, , , ,

Copyright© My odyssey -映画やマンガなどおすすめエンタメ情報を掲載! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.