Amazonプライムビデオ、Hulu、Netflixなどの映画を紹介中

My odyssey -映画やマンガなどおすすめエンタメ情報を掲載!

ママチャリ

自転車

ママチャリを改造して軽量化したときの話

投稿日:2015-10-01 更新日:

ママチャリ改造

以前に書いたママチャリの改造についての記事が時々検索で訪れる方がいるようで、久しぶりに過去の関連記事を見てみたら、ちょっと雑然としている気がしたので改めて記事をリライトして掲載してみようと思います。

※自転車の改造は安全な走行を妨げる可能性もあるため、十分に注意したうえで自己責任で行うようお願い致します

なぜママチャリを改造したいのか

僕が以前にママチャリを改造した理由は、自宅から最寄り駅までの移動を快適に行いたかったからです。

当時僕は川崎の多摩川に近い場所に住んでいて、普段乗り用にママチャリを使って、休みの日はクロスバイクで多摩川サイクリングロードを走っていました。

クロスバイクの爽快感に慣れ過ぎてしまって、ママチャリがひどく重たく鈍くさく感じてしまうようになり、ちょっと軽量化できないかと考えたのが改造のきっかけでした。 ママチャリを改造するといっても色々なパターンがあると思います。

軽量化して快適に乗りたい人、機能を追加して便利に使いたい人、色々とデコレーションを加えてオリジナリティを出したい人などなど・・・。 とりあえずここでは僕がやった軽量化や部品交換などのママチャリ改造について書きたいと思います。

 

改造の前に適切なポジションを設定する

弱虫ペダルの1巻で主人公の小野田坂道が乗っていたママチャリのサドルのポジションを適切な位置に設定する場面がありました。自転車のサドルは自転車をまたいだ時に、両足のつま先が少しだけ地面に届くくらいがちょうどよいと思います。

単なる平坦な近所を走るだけであればもう少し高さを下げてもいいとは思いますが、ある程度ちゃんとペダルを踏みたいのであれば、サドルの位置は高めに設定した方がいいと思います。

また、タイヤチューブの空気はしっかり入れておきましょう。

 

まずは軽量化

ママチャリの改造で一番手っ取り早いのが、前カゴの撤去と泥除けの取り外しです。

前カゴを取り外すと、バッグやスーパーやコンビニで買い物した荷物を乗せる場所がなくなるため不便になります。また、泥除けを取り外してしまうと、雨の日や水たまりのある場所を走る際に、タイヤから跳ね上がってくる水や泥が衣類に思いっきり引っかかります。 つまり、ママチャリから前カゴと泥除けを取り外してしまうと、ママチャリならでわのオールラウンド性が失われてしまいます。

それでもいい、とりあえず今の鈍重でまどろっこしいスタイルを改善して軽量にしたいという方は、取り外しも比較的簡単で、ダメならすぐに戻せるので試してみてはいかがでしょうか。

いずれにしても、まずは自転車を分解したり組み立てたりするための工具があると捗ります。

ママチャリ改造

上の写真は僕が以前乗っていた改造ママチャリの完成版です。

言うほど改造できていませんが、色々取っ払って結構軽くなりました。 改造前の写真がないのが残念ポイントです・・・。

ママチャリ改造

チェーンカバーも取り外してペダルも変えました。

奇をてらったパーツよりも、既存のパーツの色味と合ったものを選んだ方が見た目もスッキリして良いと思います。

 

市販のパーツに取り替えてみる

ここから先は自転車用の工具が無いと色々と面倒に感じるかもしれません。比較的簡単にパーツを変えられる個所としては、ハンドルとステムなどになるかと思います。

ママチャリ改造

自転車のフレームからハンドルにかけて色々とパーツを取り替えています。

下に紹介している商品はママチャリ改造に使ったものではありません。あくまでも参考例なので、ご自身の自転車のパーツサイズにあった商品をお選びください。

アヘッド変換コラム

自転車のフレームから上の部分に変換コラムを取り付けることで、コラムとハンドルの間にステムを組み込ませることができるようになります。

ステム

コラムからハンドルに伸びる部分のパーツです。

これを取り付けることでハンドルを前にせり出すことができ、自転車に乗った際の姿勢を前傾させることができます。

下の商品はステムの例として取り上げていますが、できればコラムやハンドルと同じシルバー系にしておいたほうが統一感があって見た目がスッキリすると思います。

 

ママチャリ改造

15cmくらいはハンドルを前にせり出すことに成功しています。

こうすることで通常よりも少し前傾姿勢で自転車に乗ることができます。見た目もなかなか。

というわけで、不用意な改造は自転車本来の安全性を損ねる可能性があります。

僕は自宅から駅までの平坦路を走るためにこの自転車に乗っていましたが、急な坂道を下ったり猛スピードで飛ばす人などはこういう改造は絶対にやめておいたほうがいいと思います。

自分の整備不良で大怪我しても誰も責任とってくれませんから。

ママチャリ改造の注意点

ママチャリの改造は自己責任で行うことが大前提です。

また、ただでさえ安全面に不安のあるママチャリを改造するということは、不慮の事故に遭う、または遭わせてしまう可能性が高まります。したがって、改造したママチャリに乗る際は普段以上に安全に気をつけ、道路交通法を順守するように心がけてください。

快適なスピードや乗り心地などを求めるのであれば、有名ブランドのクロスバイクやロードバイクを購入して安全に自転車を楽しむことをお勧めします。







おすすめ記事

Amazonプライム 1

アマゾンプライムというサービスをご存知でしょうか? インターネット通販を利用している方であればAmazon.co.jpを知らない人はいないと思います。 そのアマゾンが提供している年会費3,900円のプ ...

Amazonプライム 2

久しぶりにAmazonプライムビデオを徘徊していたら、お気に入りの映画が幾つか配信されていて懐かしい気分になったので、僕が好きでよく観ているおすすめ映画を書いてみたいと思います。 動画配信サイトは契約 ...

hulu 3

僕は2017年2月現在、NetflixとAmazonプライム会員に登録していて、暇なときに色々な映画や動画を楽しんでいます。 以前はhuluに入会するなど、現在主流のネットの動画配信サービスはそれなり ...

-自転車

Copyright© My odyssey -映画やマンガなどおすすめエンタメ情報を掲載! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.