Amazonプライムビデオ、Hulu、Netflixなどの映画を紹介中

My odyssey -映画やマンガなどおすすめエンタメ情報を掲載!

読書

機械との競争を読みました

投稿日:

機械との競争を読みました

コンピューターの進化にともなって僕たちの仕事は大きく変化してきました。例えば僕の仕事は経理ですが、昔は仕訳は紙の伝票に手書きで記入していました。僕が働き出した頃はちょうど経理業務をコンピューター化している時期で、徐々に手書きからデジタルに進化していきました。現在はほぼペーパーレスで、仕訳はパソコンに直接入力しています。

いま全てを紙に戻されてしまうと、現在の人員ではすべての業務を行うことは不可能だと思います。いまの人員で業務を処理できるのは経理業務がコンピューター化したからこそです。しかし、経理などの管理部門はこれからさらに効率化が進み、必要な人員はどんどん減っていくんじゃないかと言われています。

業務のコンピューター化、または人材のグローバル化などで、僕の仕事が脅威にさらされる可能性はどの程度あるのでしょうか。僕自身は職場がちょっと特殊なので、けっこう楽観的に考えていますが、明日は我が身。面白そうだったので本書を購入しました。

機械に仕事を奪われる

テクノロジーは日進月歩。どんどん便利になりますし、人間の手間を機械が代わりにやってくれます。機械やコンピューターは従順ですから、プログラミングできる定型的なタスクであれば人間よりも早く大量に処理させることができます。しかし、便利も行き過ぎると、人間のやるべき仕事が機械やコンピューターに奪われて、失業する人たちが発生してしまいます。

これまでの仕事に関する歴史を振り返ると、新しい技術や機械の登場によって、様々な仕事が淘汰されてきたことが分かります。このような現象は今始まったことではなく、文明の発展にともなって何度も繰り返されてきたことなのです。

しかし、機械に奪われ続けて人間のやるべき仕事が無くなってしまったかと言えばそうはなっていません。新しい技術が生み出されることで、それらに関連する新しい仕事が発生し、雇用は再調整されてきたようです。

格差の増大

しかし、近年のコンピューターの進化のスピードは再調整される雇用のスピードを遥かに上回っており、失業率がなかなか改善していないようです。

テクノロジーの進化とともに効率的に構築された世界は、誰にでもできる仕事を設計し配置する、一握りのマネージメント能力の高い勝ち組の人たちとそうでない人たちの二極化を進めます。やりがいのある仕事と高所得は前者に集中し、後者は低賃金のマックジョブに甘んじることになります。

アメリカ本国のAmazonの倉庫での仕事を見ると、その一端を垣間みることができると思います。以下のルールは違反すると減点され、決められた減点数を超えると解雇されてしまうようです。

Amazonの倉庫で働くときの知られざるルール10か条

  1. 口紅は使用禁止
  2. 原則としてガムは禁止
  3. 飲み物は水のみ許可
  4. 包装紙やテープを使いすぎないこと
  5. のろのろと働かないこと
  6. 病気にかからないこと
  7. 出勤・退勤の猶予は7分
  8. 私語は慎むこと
  9. 時計着用は禁止
  10. 遅刻厳禁

ではどうするか?

富の一極化に対する処方箋も本書には記されていますが、これらが実現しても改善するのは難しいと思います。

僕たちは機械やコンピューター以外にも、人件費の安い外国の労働力の脅威にもさらされています。仕事の機械化・コンピューター化、仕事のアウトソース化・・・。

より効率化された社会は、管理するものとされるものに分かれ、所得格差の開きはより拡大していくのではないでしょうか。

ではどうするか?どうしましょう?

機械との競争







おすすめ記事

Amazonプライム 1

アマゾンプライムというサービスをご存知でしょうか? インターネット通販を利用している方であればAmazon.co.jpを知らない人はいないと思います。 そのアマゾンが提供している年会費3,900円のプ ...

Amazonプライム 2

久しぶりにAmazonプライムビデオを徘徊していたら、お気に入りの映画が幾つか配信されていて懐かしい気分になったので、僕が好きでよく観ているおすすめ映画を書いてみたいと思います。 動画配信サイトは契約 ...

hulu 3

僕は2017年2月現在、NetflixとAmazonプライム会員に登録していて、暇なときに色々な映画や動画を楽しんでいます。 以前はhuluに入会するなど、現在主流のネットの動画配信サービスはそれなり ...

-読書

Copyright© My odyssey -映画やマンガなどおすすめエンタメ情報を掲載! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.