Amazonプライムビデオ、Hulu、Netflixなどの映画を紹介中

My odyssey -映画やマンガなどおすすめエンタメ情報を掲載!

読書

歌舞伎町・ヤバさの真相が面白い!

投稿日:

不夜城という馳 星周の有名な小説があります。

新宿の歌舞伎町を舞台にした裏社会の物語でした。

以前から新宿の歌舞伎町へは何度も足を運んでいましたし、合法ではないいかがわしい商売が、そこらじゅうに紛れて存在しているということは何となく知っていました。その後、不夜城を読み、何となく感じていた新宿歌舞伎町への怖さがよりリアリティを増していったのをよく覚えています。

得体の知れない怖さを持っていた歌舞伎町が、作り話のフィクションによって、より味付けされた。そんな感じだったかもしれません。

その後も新宿には何度も足を運びましたし、不夜城に出てくるような壮絶な場面には一度も遭遇したことはありませんでした。ただやはり新宿の歌舞伎町が醸し出す怪しげな雰囲気だけは、いつ訪れても感じ取ることはできました。

そんなある日、本屋で見かけたのが『歌舞伎町・ヤバさの真相』でした。この本は今の新宿歌舞伎町が、戦前から現在にかけてどのように発展していき、誰が何人が関わりトラブルを繰り返してきたのかが順序だてて書かれています。

ここには不夜城のような主人公は登場しませんが、間違いなく真の不夜城が新宿歌舞伎町の中に存在していることが読み取れると思います。

過去の歴史から、ここ最近の不良外国人の状況まで、隅から隅まで完璧に、というわけではありませんが、歌舞伎町がどのようにでき、発展してきたか、そして戦後どのような形で外国人が勢力を伸ばしてきたのかが少しは理解できるのではないかと思います。

平和大国ニッポンなどと言われることがありますが、本書では私たちの知らないところで様々なヒト・モノ・カネが激しく行き来し、奪い合い、消えて行っている危険な現実を垣間見ることができると思います。

やっぱり新宿歌舞伎町は怪しいし怖いけど、これから先どうなっていくのか目が離せない場所ではないかと思います。そしてこの本を読んで、また不夜城を改めて読んでみるのも面白いかなと思いました。

歌舞伎町・ヤバさの真相 (文春新書)
歌舞伎町・ヤバさの真相 (文春新書)







おすすめ記事

Amazonプライム 1

アマゾンプライムというサービスをご存知でしょうか? インターネット通販を利用している方であればAmazon.co.jpを知らない人はいないと思います。 そのアマゾンが提供している年会費3,900円のプ ...

Amazonプライム 2

久しぶりにAmazonプライムビデオを徘徊していたら、お気に入りの映画が幾つか配信されていて懐かしい気分になったので、僕が好きでよく観ているおすすめ映画を書いてみたいと思います。 動画配信サイトは契約 ...

hulu 3

僕は2017年2月現在、NetflixとAmazonプライム会員に登録していて、暇なときに色々な映画や動画を楽しんでいます。 以前はhuluに入会するなど、現在主流のネットの動画配信サービスはそれなり ...

-読書
-, ,

Copyright© My odyssey -映画やマンガなどおすすめエンタメ情報を掲載! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.