Amazonプライムビデオ、Hulu、Netflixなどの映画を紹介中

My odyssey -映画やマンガなどおすすめエンタメ情報を掲載!

映画

映画「凶悪」と書籍「凶悪―ある死刑囚の告発」を見て

投稿日:

kyoaku

少し前に映画「凶悪」を観ました。

この作品は上申書殺人事件という実際にあった事件をベースにしたサスペンス映画です。僕は先に原作の『凶悪 -ある死刑囚の告発-』を読んでいて、これをどのように映像化するのか、またピエール瀧やリリーフランキーがどのような演技をしているのか非常に興味があって、ずっと観たいと思っていた映画でした。

【ストーリー】
史上最悪の凶悪事件。その真相とは?

ある日、雑誌『明朝24』の編集部に一通の手紙が届いた。

それは獄中の死刑囚(ピエール瀧)から届いた、まだ白日のもとにさらされていない殺人事件についての告発だった。

彼は判決を受けた事件とはまた別に3件の殺人事件に関与しており、その事件の首謀者は“先生"と呼ばれる人物(リリー・フランキー)であること、“先生"はまだ捕まっていないことを訴える死刑囚。

闇に隠れている凶悪事件の告発に慄いた明朝24』の記者・藤井(山田孝之)は、彼の証言の裏付けを取るうちに事件にのめり込んでいく……。

ピエール瀧がすごい

僕の場合、俳優のピエール瀧というよりも電気グルーヴのピエール瀧のほうがしっくりくるのですが、この映画では俳優としてのピエール瀧の凄みがにじみでています。

リリーフランキーが怖い

この映画を観てしまうと、この映画の役である「先生」の印象が強く残ってしまい、「そして父になる」のリリーフランキーをまともな父親として見ることができないんじゃないかと思ったのですが、ついつい先にこちらを選んでしまいました。

予想通りの怪演で、リリーフランキーに対して持っていた優しくて温和なイメージが見事にぶちこわされました。

ゾッとしました

原作はノンフィクションなので、基本的に取材を行っていた記者の視点で描かれています。ところがこの映画では記者の登場シーンはそれほど多くありません。逆に犯人たちが実際にどのように事件に手を染めて行ったかを淡々と映像で見せつけられます。

犯行の手口などは原作で既に知っていたのですが、改めて映像作品で見て事件の恐ろしさを改めて思い知らされました。順番はどちらでも構いませんが、映画と原作の両方を見ることをお勧めします。

凶悪―ある死刑囚の告発 (新潮文庫)

凶悪 [DVD]







おすすめ記事

Amazonプライム 1

アマゾンプライムというサービスをご存知でしょうか? インターネット通販を利用している方であればAmazon.co.jpを知らない人はいないと思います。 そのアマゾンが提供している年会費3,900円のプ ...

Amazonプライム 2

久しぶりにAmazonプライムビデオを徘徊していたら、お気に入りの映画が幾つか配信されていて懐かしい気分になったので、僕が好きでよく観ているおすすめ映画を書いてみたいと思います。 動画配信サイトは契約 ...

hulu 3

僕は2017年2月現在、NetflixとAmazonプライム会員に登録していて、暇なときに色々な映画や動画を楽しんでいます。 以前はhuluに入会するなど、現在主流のネットの動画配信サービスはそれなり ...

-映画

Copyright© My odyssey -映画やマンガなどおすすめエンタメ情報を掲載! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.